囲碁将棋の会

子供の頃は遊びとして、大人になってからは趣味として、メジャーの最たるものの一つに囲碁・将棋が挙げられます。しかも、碁盤(将棋盤)と碁石(駒)があり、同じ趣味を持つ者が二人揃いさえすれば対局が可能です。さらに、たとえ両者の間に力の差があっても、将棋なら飛車、角落ち、囲碁なら置き碁をするなどのハンディをつけることでほぼ同等に打ち合えることもできます。囲碁将棋は、頭を使うので認知症など寄せ付けない大きな効果があり、参加者も増えています。
開催は、福井駅前よろず茶屋で月3回です。

デビューから公式戦負け知らずで連勝記録を歴代1位タイの「28」に並べた最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)は、5歳の時に祖母から将棋を教わります。今かでも遅くない、将棋を孫に教えましょう。

  囲碁将棋の活動状況(2018.1.11)